青峰同窓会 本文へジャンプ

鈴鹿工業高等専門学校青峰同窓会会則


第1章 総   則

(名 称)

第1条 本会は、鈴鹿工業高等専門学校青峰同窓会と称する。

 

(会 員)

第2条 本会の会員は、次の者とする。

1.正会員  (1)鈴鹿工業高等専門学校(以下「鈴鹿高専」という)を卒業した者

       (2)鈴鹿高専に在籍したことがある者で、入会を希望する者

2.特別会員 (1)鈴鹿高専の現教職員

       (2)鈴鹿高専の旧教職員であった者のうち理事会で推薦された者

 

(目 的)

第3条 本会は、会員相互の親睦を図り教養を高めると共に、母校の発展に寄与することを目的とする。

 

(事務局)

第4条 本会は、事務局を鈴鹿高専内に置く。

             

第2章 事   業

(事 業)

第5条 本会は、第3条の目的を達成するために次の事業を行う。

1.会員相互の連絡および互助

2.会報および名簿の発行

3.その他本会の目的達成に必要な事項

             

第3章 役員とその任務

(役員とその任務)

第6条 本会には、次の役員を置く。

1.会 長 1名   本会の代表者として会務を統括する。

2.副会長 2名   会長を補佐し、会長に事故ある時は、その任務を代行する。

3.理 事 各学年1名程度 理事会を組織し、会務を処理する。

4.書 記 1名   書記業務を行う。

5.会 計 1名   会計業務を行う。

6.監 査 2名   会計および会務を監査する。

書記、会計、監査は理事の中から選出する。

 

(役員の選出)

第7条    本会の役員は、正会員の中より、総会あるいは理事会にて選出する。ただし、総会の議が優先される。

 

(役員の任期)

第8条 役員の任期は原則2年とする。ただし、再選を妨げない。

2 役員に欠員が生じたときは補充するものとし、任期は前役員の残任期間とする。

3 役員は、任期満了後といえども次期役員が選任され、引継が終わるまではその業務を執行するものとする。

 

第4章           議決運営機関

(総 会)

第9条 総会は、本会の最高議決機関であり、必要に応じて理事会の議決をもって会長が招集する。また、任意の正会員は50名以上の正会員の同意により、総会の招集を会長へ要求できる。招集請求があった場合、会長は理事会に総会開催について諮る。

2 出席正会員の過半数をもって議決する。

3 総会の議長は、その都度正会員の中から選出する。

 

(理事会)

第10条 理事会は、会長、副会長および理事によって構成し、必要に応じて会長あるいは副会長が招集し、総会に代わる議決機関とする。

2 出席者の過半数をもって議決する。

3 理事会は、次の事項を審議し議決する。

(1)会則の制定改廃に関すること

(2)事業計画・報告および予算・決算に関すること

(3)役員の選任に関すること

(4)その他必要事項

4 理事会は、原則として年1回以上開催する。

 

(幹事会)

第11条 幹事会は、会長、副会長および理事の中から会長が任命したものにより構成し、必要に応じて会長あるいは副会長が招集し、青峰同窓会運営のための実務を担当する。

 

第5章 会   計

(会 計)

第12条 本会の経費は、入会金、会費、寄付金およびその他の収入をもって充てる。

 

(会 費)

第13条 会員は入会にあたり入会金および会費を納入しなければならない。その金額は理事会によって定める。

 

(会計年度)

第14条 本会の会計年度は、3月1日から翌年2月末日とする。

 

第6章 会則の施行、細則

(施 行)

第15条 本会則は、平成14年1月19日より施行する。

 

(細 則)

第16条 本会則施行に必要な細則は、理事会において定める。

 

付   則

会員は転居、転任、改姓などの際に、本会事務局に届ける義務を有する。

 

細   則

第12条の入会金の金額は1,000円、会費は終身会費10,000円とする。