学校案内
鈴鹿工業高等専門学校 - 創造力豊かな国際社会に通用するエンジニアを育成 > JABEE認定技術者教育プログラム「複合型生産システム工学」

JABEE認定技術者教育プログラム「複合型生産システム工学」

JABEEとは

 日本技術者教育認定機構を英語で表現すると、Japan Accreditation Board for Engineering Education となり、その頭文字をとりJABEEと略しています。 (通常、「ジャビ ー」と呼ばれています。) この機構(団体)は、技術系学協会と密接に連携しながら技術者教育プログラムの審査・認定を行う非政府団体です。

「複合型生産システム工学」教育プログラム

  現在、技術者教育に携わる高等教育機関(大学・高専)の間では、教育の質が満足すべきレベルにあり、その教育を受けた学生が、将来、技術者として国際的に活動するために必要な最低限度の知識や能力を身に付けていることが求められています。

 そこで本校では、主として学科第4学年から専攻科2年次までの4年間に相当する学習・教育に対して、一貫した一つの教育プログラムとして「複合型生産システム工学」教育プログラムを設定し、国際化に対応できる技術者教育を行う努力・改善を進めています。

本校の目指す専門工学の特徴

 本校の5学科はいずれも生産(ものづくり)活動をする上で不可欠な工学分野でありますが、主となる専門分野(機械、電気・電子・情報、化学・生物、材料)だけに偏らずに、生産活動に関わる幅広い知識持った技術者を養成することをこの教育プログラムで目指しています。このため、主となる専門分野の修得に加えて、次に挙げる4つの専門工学を修得することになります。 

  • 生産に関する工学 
  • 素材に関する工学
  • 計測に関する工学
  • 知識に関する工学   

 また、それと同時に、生産活動によって生じる環境への影響等に対して、技術者としての倫理観をもった行動ができ、これからの国際社会で活躍できる人材の養成も本教育プログラムの重要な目標のひとつとなっています。

 

本校が育てる技術者像