鈴鹿高専電子情報工学科

はじめに

はじめに

エレクトロニクスとコンピュータ技術の急速な発展によって、こ れまでになく科学技術が人々の生活深く関わりを持つ時代が到来し、 さらに著しい変貌を遂げつつあります。今日、我が国において特に急務と されているのは、この飛躍的に進展していく情報化社会の科学技術を 支える電子情報工学分野の技術者の育成です。

平成元年に新設された電子情報工学科では、高度産業技術の中心 となるエレクトロニクスとコンピュータ技術を主体とする教育を行う ことにより、新時代を担い得る優れた技術者の育成を目的としています。

本学科の内容は、電子工学関連として、応用数学・物理、電気磁 気・回路、電子工学・回路、電子計測・機器、電子材料・光電子工学、 ディジタル回路・集積回路、等の科目を教授する。情報工学関連では、 プログラム設計、ソフトウエア工学、計算機工学、情報理論、、画像 処理、人工知能、制御工学、等を系統的に学びます。あわせて5年間を通 して電子情報工学実験実習、プログラミング演習を一貫教授する。更 に、第5学年において、卒業研究がある。

今日のインターネット、マルチメデイア等情報分野においても技 術革新は劇的であり、このような背景のもと、本学科では、常に新し く、幅広い電子情報工学を教授し、総合的な判断力、実践力、創造力 を培う。

授業

授業内容(シラバス)はこちら

国家試験科目免除

2005/9/22にネットワーク技術者「工事担任試験者」試験の科目免除認定を受けました。平成13年4月入学生から適用されます。