学校案内
鈴鹿工業高等専門学校 - 創造力豊かな国際社会に通用するエンジニアを育成 > 3つの方針

3つの方針

3つの方針

鈴鹿高専は,技術者養成に関する地域の中核的教育機関として我が国の産業の発展を支え,国際的に活躍する人づくりと,新しい価値の創造により広く地域と社会の発展に貢献することを使命としています。
人づくりに関する使命を達成するため,建学の精神を踏まえ,

  1. 幅広い視野からの価値判断力
  2. 健全な技術者精神と豊かな人間性
  3. 科学技術に関する高い専門知識と技術に基づく深い洞察力と実践力
  4. 未知の問題に果敢に挑み,新たな価値を創造する力
  5. 心身を鍛え,自己を確立し,自ら未来を切り拓く力

を身につけ,地域と社会の持続的発展に貢献し,世界に通用する創造力豊かなエンジニアの育成を目標としています。

アドミッションポリシー

学科

  1. 中学における学習内容をしっかりと理解している人
  2. 数学や理科に興味を持ち,科学の発展に夢を持っている人
  3. 何事にも積極的に挑戦し,自ら進んで学習できる人
  4. 他人を思いやり,協調していける人

第4学年編入学

  1. 科学技術に興味を持ち,その発展に夢を抱く人
  2. 工学を学ぶ上で基礎となる知識を身につけている人
  3. 何事にも積極的に挑戦する意欲と継続的な自己学習ができる人
  4. 論理的に物事を考えることができる人
  5. コミュニケーション能力と協調性を身につけている人

留学生

  1. 科学技術に興味を持ち,その発展に夢を抱く人
  2. 工学を学ぶ上で基礎となる知識を身につけている人
  3. 何事にも積極的に挑戦する意欲と継続的な自己学習ができる人
  4. 論理的に物事を考えることができる人
  5. 日本語と日本文化に興味と関心を抱く人

専攻科

  1. 科学技術の発展に寄与する意欲のある人
  2. 自らの向上をめざして継続的に自己学習を行う意欲・適性のある人
  3. 論理的に物事を考える適性をもつ人
  4. 豊かな想像力をもち,何事にも積極的に挑戦する意欲・適性のある人
  5. 広い視野をもち,将来,国際社会で活躍する意欲・適性のある人

ディプロマポリシー

機械工学科

機械工学科では,鈴鹿高専の教育目標のもと,以下の知識および能力を身につけ,所定の単位を修得した学生に対して卒業を認定します。

  1. 人文社会の基礎知識と幅広い教養
  2. 英語によるコミュニケーションの基礎能力
  3. 機械工学の基礎としての,数学,自然科学および情報技術の知識
  4. 機械工学の専門としての,材料系,熱・流体系,運動・制御系の知識
  5. ものづくりのための,素材,設計・製図,加工・生産,計測の知識
  6. 機械工学分野を主とした幅広い知識と技術を活用して論理的に思考し,課題を解決できる能力
  7. 実験や実習を通じて,他者と協働しながら課題を解決し,その内容を文章や発表によって表現できる能力
  8. 技術者としての倫理観

電気電子工学科

電気電子工学科では,鈴鹿高専の教育目標のもと,以下の知識および能力を身につけ,所定の単位を修得した学生に対して卒業を認定します。

  1. 人文社会の基礎知識と幅広い教養
  2. 英語によるコミュニケーションの基礎能力
  3. 電気電子工学の基礎として,数学,自然科学および情報技術の知識
  4. 電気電子工学の専門として,電気磁気学,回路系,エネルギー・機器系,物性・デバイス系,計測・制御・情報系および設計・製図の知識
  5. 電気電子工学分野を主とした幅広い知識と技術を活用して論理的に思考し,課題を解決できる能力
  6. 実験や実習を通じて,他者と協働しながら課題を解決し,その内容を文章や発表によって表現できる能力
  7. 様々な技術を社会に役立てるために必要な高い倫理観

電子情報工学科

電子情報工学科では,鈴鹿高専の教育目標のもと,以下の知識および能力を身につけ,所定の単位を修得した学生に対して卒業を認定します。

  1. 人文社会の基礎知識と幅広い教養
  2. 英語によるコミュニケーションの基礎能力
  3. 電子情報工学の基礎としての,数学,自然科学および情報技術の知識
  4. 電子情報工学の専門としての,電気電子系,情報通信系の知識
  5. ものづくりのための,ハードウェア,ソフトウェア及び両者の融合技術の知識
  6. 電子情報工学分野を主とした幅広い知識と技術を活用して論理的に思考し,課題を解決できる能力
  7. 実験や実習を通じて,他者と協働しながら課題を解決し,その内容を文章や発表によって表現できる能力
  8. 技術者としての倫理観

生物応用化学科

生物応用化学科では,鈴鹿高専の教育目標のもと,以下の知識および能力を身につけ,所定の単位を修得した学生に対して卒業を認定します。

  1. 人文社会の基礎知識と幅広い教養
  2. 英語によるコミュニケーションの基礎能力
  3. 応用化学および生物工学の基礎としての,数学,自然科学および情報技術の知識
  4. 化学に関する理論と知識(無機化学系,有機化学系,分析化学系,生物化学系,物理化学系),ならびに実験技術
  5. 応用化学・生物工学に関する共通・コース別専門知識(工業化学系,化学工学系,設計・システム系,環境工学系,細胞工学系,遺伝子工学系,生体材料工学系),ならびに実験技術
  6. 応用化学あるいは生物工学分野を主とした幅広い知識と技術を活用して論理的に思考し,課題を解決できる能力
  7. 実験や実習を通じて,他者と協働しながら課題を解決し,その内容を文章や発表によって表現できる能力
  8. 技術者としての倫理観

材料工学科

材料工学科では,鈴鹿高専の教育目標のもと,以下の知識および能力を身につけ,所定の単位を修得した学生に対して卒業を認定します。

  1. 人文社会の基礎知識と幅広い教養
  2. 英語によるコミュニケーションの基礎能力
  3. 材料工学の基礎としての,数学,自然科学および情報技術の知識
  4. 材料工学の専門としての,金属材料,無機材料,有機材料の知識
  5. 材料の理解に必要な材料物性と物理化学の知識
  6. 材料の理解に必要な分析・評価の知識
  7. ものづくりのための,設計・製図,加工の知識
  8. 実験や実習を通じて,材料の合成・評価の技術,および他者と協働しながら課題を解決し,その内容を文章や発表によって表現できる能力
  9. 材料工学分野を主とした幅広い知識と技術を活用して論理的に思考し,課題を解決できる能力
  10. 技術者としての倫理観と公正な態度

総合イノベーション工学専攻

総合イノベーション工学専攻では,専攻科の教育方針および総合イノベーション工学専攻の教育目標のもと,所定の単位を修得し,以下の知識および能力を身につけた学生に対して修了を認定します。

  1. <視野>自己と世界の関係を理解し地球規模で物事を眺めることができる。
  2. <技術者倫理> 生産により生じる環境と社会への影響を認識し責任を自覚できる。
  3. <意欲>習得した知識・能力を超える問題に備えて,継続的・自律的に学習できる。
  4. <基礎>数学,自然科学および情報技術の知識を習得し,それを活用できる。
  5. <専門>基礎工学に加え,主となる専門分野において環境・資源,エネルギー・機能創成,ロボットテクノロジーの各コースに関する専門工学の知識を習得し,それを活用できる。
  6. <展開>習得した知識をもとに創造性を発揮し,他者と協働しながら仕事を計画的に進めまとめることができる。
  7. <発表>自らの取り組む課題に関する成果・問題点等を論理的に記述・伝達・討論できる。
  8. <英語>英語による基本的なコミュニケーションができる。

カリキュラムポリシー

機械工学科

機械工学科では,ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を育成するために,早い段階から専門教育を学修する以下のカリキュラム・ポリシーを定め,教育課程系統図に示しています。

機械工学を理解する幅広い知識を養うために,5年一貫の教養教育および実践的工学教育を様々な教科からなるカリキュラムによって効果的に行い,創造性豊かな技術者として将来活躍するための知識と技術,課題探求・問題解決能力などの総合的判断力,コミュニケーション能力や国際性,技術者としての倫理観を身につけた人材の育成を行います。

一般科目として人文社会(国語,歴史,地理,政治・経済),英語,数学,自然科学(物理,化学,地球生命科学),情報処理の基礎教育を行います。また機械の設計や開発を行う技術者となるために必要な基盤となる材料系(材料力学,材料学),熱・流体系(熱力学,水力学),運動・制御系(機械力学,制御工学)といった機械工学の専門知識を身につけるカリキュラムを構築しています。特にものづくりのための,設計・製図(機械設計製図,機械設計法),加工(機械工作実習,機械工作法)の知識と技術を活用する課題解決型科目(総合実習,創造工学)を体系的に配置することで,次世代を担う技術者に必要な能力を身につけられるようにします。

電気電子工学科

電気電子工学科では,ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を育成するために,早い段階から専門教育を学修する以下のカリキュラム・ポリシーを定め,教育課程系統図に示しています。

電気電子工学を理解する幅広い知識を養うために,5年一貫の教養教育および実践的工学教育を様々な教科からなるカリキュラムによって効果的に行い,創造性豊かな技術者として将来活躍するための知識と技術,課題探求・問題解決能力などの総合的判断力,コミュニケーション能力や国際性,技術者としての倫理観を身につけた人材の育成を行います。

一般科目として人文社会(国語,歴史,地理,政治・経済),英語,数学,自然科学(物理,化学,地球生命科学),情報処理の基礎教育を行っています。

また,電気電子工学分野の技術者となるために必要な電気磁気学,回路系(電気回路,電子回路),エネルギー・機器系(電気機器,電力システム),物性・デバイス系(電子物性基礎,半導体工学),計測・制御・情報系(電気電子計測・電子制御基礎),設計・製図(電気電子製図)などの専門知識が習得できるようにカリキュラムを構築しています。そして,電気電子工学分野を主とした幅広い知識と技術を活用する課題解決型科目(創造工学,卒業研究)を体系的に配置することで,次世代を担う技術者に必要な能力を身につけられるようにします。

電子情報工学科

電子情報工学科では,ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を育成するために,早い段階から専門教育を学修する以下のカリキュラム・ポリシーを定め,教育課程系統図に示しています。

電子情報工学を理解する幅広い知識を養うために,5年一貫の教養教育および実践的工学教育を様々な教科からなるカリキュラムによって効果的に行い,創造性豊かな技術者として将来活躍するための知識と技術,課題探求・問題解決能力などの総合的判断力,コミュニケーション能力や国際性,技術者としての倫理観を身につけた人材の育成を行います。

一般科目として人文社会(国語,歴史,地理,政治・経済),英語,数学,自然科学(物理,化学,地球生命科学),情報処理の基礎教育を行います。またハードウェアやソフトウェアの設計開発を行う技術者となるために必要な基盤となる電気電子系,情報通信系といった電子情報工学の専門知識を身につけるカリキュラムを構築しています。特にものづくりのための,ハードウェア,ソフトウェア及び両者の融合技術を活用する実験科目,課題解決型科目を体系的に配置することで,次世代を担う技術者に必要な能力を身につけられるようにします。

生物応用化学科

生物応用化学科では,ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を育成するために,早い段階から専門教育を学修する以下のカリキュラム・ポリシーを定め,教育課程系統図に示しています。

応用化学・生物工学を理解する幅広い知識を養うために,5年一貫の教養教育および実践的工学教育を様々な教科からなるカリキュラムによって効果的に行い,創造性豊かな技術者として将来活躍するための知識と技術,課題探求・問題解決能力などの総合的判断力,コミュニケーション能力や国際性,技術者としての倫理観を身につけた人材の育成を行います。

一般科目群(基本科目)として,人文社会(国語,歴史,地理,倫理・社会,政治・経済),英語,数学,自然科学(物理,化学,地球生命科学),情報技術(情報処理),技術者倫理(技術者倫理入門)による教養教育を行います。また,化学に関する基礎専門科目として,無機化学系(無機化学),有機化学系(有機化学,高分子化学),分析化学系(分析化学,機器分析化学,環境分析化学),生物化学系(生物化学,基礎細胞生物学,微生物学),物理化学系(物理化学,界面化学),および実験・実習(生物応用化学実験,情報処理応用)などの専門科目群(基本科目)を用意しています。さらに,応用化学・生物工学に関する共通・コース別専門科目として,工業化学系(精密合成化学,無機化学,有機工業化学,無機工業化学,電気化学,機能材料工学),化学工学系(化学工学,反応工学,生物化学工学),設計・システム系(化学設計製図),環境工学系(環境工学),細胞工学系(細胞工学,タンパク質化学),遺伝子工学系(分子生物学,遺伝子工学),生体材料工学系(生体材料工学),実験・実習(応用化学・生物化学コース別実験),課題解決型科目(創造工学,卒業研究)などの高い専門知識・技術を身につける専門科目群(基本科目)を体系的に配置することで,素材・生産・環境を総合的に捉えられる創造性豊かな実践技術者に必要な能力を身につけられるようにします。

材料工学科

材料工学科では,ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を育成するために,早い段階から専門教育を学修する以下のカリキュラム・ポリシーを定め,教育課程系統図に示しています。

材料工学を理解する幅広い知識を養うために,5年一貫の教養教育および実践的工学教育を様々な教科からなるカリキュラムによって効果的に行い,創造性豊かな技術者として将来活躍するための知識と技術,課題探求・問題解決能力などの総合的判断力,コミュニケーション能力や国際性,技術者としての倫理観を身につけた人材の育成を行います。

一般科目として人文社会(国語,政治・経済),英語,数学,自然科学(物理,化学),情報処理の基礎教育を行っています。

材料の設計や開発を行う技術者となるために必要な基盤となる金属材料系(金属材料学,鉄鋼材料学),無機材料系(無機化学,分析化学),有機材料系(有機化学,高分子化学),材料物性系(材料組織学,結晶解析学),物理化学系(物理化学,量子力学)といった材料工学の専門知識を身につけるカリキュラムを構築しています。また,分析・評価系(材料評価学,材料力学)およびものづくりのための設計・製図,加工系(設計製図,機械工作法),ならびに習得した知識と技術を活用する課題解決型科目(ものづくり実習,創造工学,卒業研究)を体系的に配置することで,次世代を担う技術者に必要な能力,倫理観と公正な態度を身につけられるようにします。

総合イノベーション工学専攻

総合イノベーション工学専攻

総合イノベーション工学専攻では,ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を育成するために,以下の方針でカリキュラムを構成し,教育課程系統図に示しています。

  1. <視野>に関連した科目(言語表現学特論,国際関係論等)を配置する。
  2. <技術者倫理>に関連した科目(技術者倫理)を配置する。
  3. <意欲>に関連した科目(特別研究Ⅰ,特別研究Ⅱ)を配置する。
  4. <基礎>に関連した科目(代数学特論,応用物理学等)を配置する。
  5. <専門>に関連した科目として,環境・資源コースでは,(海洋環境学,資源工学等)を配置する。
    エネルギー・機能創成コースでは,(次世代エネルギー工学,材料強度工学等)を配置する。
    ロボットテクノロジーコースでは,(実践メカトロニクス,制御機器工学等)を配置する。
  6. <展開>に関連した科目(総合イノベーション工学実験,特別研究Ⅰ,Ⅱ)を配置する。
  7. <発表>に関連した科目(特別研究Ⅰ, Ⅱ等)を配置する。
  8. <英語>に関連した科目(技術英語Ⅰ,Ⅱ,英語総合Ⅰ,Ⅱ等)を配置する。