学校案内
鈴鹿工業高等専門学校 - 創造力豊かな国際社会に通用するエンジニアを育成 > 理念と目標

理念と目標

本校の使命

本校は、技術者養成に関する地域の中核的教育機関として、国際的に活躍する人づくりと新しい価値の創造により、社会の発展に貢献する。

教育理念

  • 広い視野から価値判断ができ、技術者精神を備えた豊かな人間性を涵養する
  • 科学技術に関する高い専門知識と技術に基づく深い洞察力と実践力を育成する
  • 未知の問題に果敢に挑み、新たな価値を創造する力を育てる
  • 心身を鍛え、己を確立し、自ら未来を切り拓く力を育てる

養成すべき人材像

  • 生涯にわたり継続的に学修し、広い視野と豊かな人間性を持った人材
  • 高い専門知識と技術を有し、深い洞察力と実践力を備えた人材
  • 課題探究能力と問題解決能力を身に付けた創造性豊かな人材
  • コミュニケーション能力に優れ、国際性を備えた人材

教育方針

学科(準学士課程)

5年一貫の教養教育及び実践的工学教育により、創造性豊かな実践的技術者として将来活躍するための基礎的な知識と技術及び生涯にわたり学習する力を身に付けた人材を育てる。

専攻科課程

  • 幅広い基礎技術と高度な専門知識を有し、広い視野から社会の変化に的確に対応できる技術者を育成する。
  • 新しい価値を創造する力を備え、研究開発能力、課題探求能力を有し、社会に貢献できる意欲的な技術者を育成する。
  • 社会に対する責任を自覚でき、優れた倫理観をもった技術者を育成する。
  • 日本語及び英語によるコミュニケーション能力をもった技術者を育成する。

教育目標

学科(準学士課程)

教養教育の目標

豊かな人間性と社会性を涵養し、広い視野からの問題把握と価値判断ができる力を培う。また、自然科学及び情報処理の知識を習得させるとともに、英語によるコミュニケーション能力を育成する。

専門教育の共通目標

「複合型生産システム工学」教育プログラム(2003年度JABEE認定)で期待される高い専門知識と豊富な実験技術を養う。

機械工学科の専門教育の目標

機械工学に関する理論と知識(材料と構造、運動と振動、エネルギーと流れ、情報と計測・制御、設計と生産、機械とシステム等)、実験技術を習得させるとともに、応用・展開力、創造性を養う。

電気電子工学科の専門教育の目標

電気電子工学に関する理論と知識(電気磁気学、電気・電子回路、エネルギー・電気機器、物性・デバイス、計測制御、情報・通信) 並びに全学年にわたって系統的に配置した実験・実習科目により実践的な技術を習得させ、創造性を養う。

電子情報工学科の専門教育の目標

電子情報工学に関する理論と知識(電気磁気学、電子回路、電子工学、電子制御、ソフトウェア工学、計算機工学、情報通信ネットワーク等)及び実験技術並びにそれらの融合化技術に関する知識を習得させるとともに、創造性を養う。

生物応用化学科の専門教育の目標

化学に関する理論と知識(無機化学系科目、有機化学系科目、分析化学系科目、生物化学系科目、物理化学系科目等)及び応用化学あるいは生物工学 に関するコース別専門知識(工業化学系科目、化学工学系科目、設計・システム系科目、環境工学系科目、細胞工学系科目、遺伝子工学系科目、生体材料工学系 科目等)並びに豊富な実験技術を習得させるとともに、創造性を養う。

材料工学科の専門教育の目標

材料工学に関する理論と知識(材料の物理と化学、材料の構造・設計・物性・機能、製造プロセス等)及び豊富な実験技術を習得させるとともに、それらを応用して材料に関連する諸問題を解決できる創造性を養う。

専攻科(専攻科課程)

共通教育目標

JABEEの認定基準に準拠した複合型生産システム工学に関連する分野で技術革新を担うことができる高度で幅広い専門知識を習得させるととも に、研究開発能力、課題探求・問題解決能力、技術者倫理を含む総合的判断力、英語によるコミュニケーション能力の育成を図り、技術開発の場で新たな価値を 創造する力を育てる。

電子機械工学専攻の教育目標

機械工学、電気電子工学、電子情報工学等の学科出身者を対象として、機械・生産システム、メカトロニクス、計測制御技術、エレクトロニクス、情報技術などの分野で技術革新を担うことができる高度な専門知識を習得させるとともに、研究開発能力を養う。

応用物質工学専攻の教育目標

生物応用化学、材料工学等の学科出身者を対象として、ファインケミストリー、バイオテクノロジー、材料プロセシング、環境保全・リサイクル技術、及び機能性新素材などの分野で技術革新を担うことができる高度な専門知識を習得させるとともに、研究開発能力を養う。