学校案内
鈴鹿工業高等専門学校 - 創造力豊かな国際社会に通用するエンジニアを育成 > 教育の特色

教育の特色

未来を切り拓く若い力を育む

鈴鹿高専は創立以来着実に進化し発展しています。 平成16年、独立行政法人化を機に、新たに建学の精神を範とした教育理念を掲げ、養成す べき人材像と教育目標を定めました。 軌を同じくして、本校の技術者教育プログラムが日本技術者教育認定機構(JABEE)から 社会の求める質と水準を十分満たすプログラムであるとの評価を受けました。

鈴鹿高専は、「世界に飛躍する創造的な技術者」の育成に向けて新たな一歩を踏み出しま す。未来を切り拓き、21世紀を担う若い力を育むことによって社会貢献をも果たします。

鈴鹿高専はどのような学校ですか?

視野の広い創造的な技術者の育成

昭和37年に創設された高等専門学校の第一期校です。 現在、機械工学科、電気電子工学科、電子情報工学科、生物応用化学科、材料工学科の5学科と専攻科(電子機械工学専攻、応用物質工学専攻) から成っています。卒業生は、工業各分野で技術者、研究者、経営者、企業家等々として活躍しています。

創設以来、“技術者はすべからく紳士・淑女たれ”という考え方が本校の教育の基底にあります。 専門教育の一層の高度化や創造力の育成が強く求められる現代であっても、 知・徳・体バランスの取れた人間性教育(全人教育)を重視す ることに変わりはありません。 新しい価値の創造とそれを保証する新技術の創出や組織の運営はすべてそれを担う人間の力に依拠するからです。

法人化によって何が変わりましたか

法人化そのものよりも、それに至る過程とJABEE認定審査の過程を通じて教職員の意識が大きく変わりました。 国立高等専門学校機構法の制定に伴って高専の教育の重点がこれまでの「中堅技術者の育成」から「実践的で創造的な技術者の育成」へと移行し、その役割に地域貢献や社会貢献が新たに加わりました。そして、他の高等教育機関と同様、教育目的、教育組織、教育システム、学校と社会との関係などすべての面で見直しと改善が始まっています。

本校では、学内委員会組織の改変、教育研究部会活動の推進、JABEE認定教育プログラムの推進と継続的な点検・改善、学生の人格形成に対する支援、産学官及び地域連携活動などの課題に引き続き積極的に取り組んでいきます。

どのような教育を目指しますか

科学技術立国を国是とする我が国には今後ともたゆみない技術革新が求められます。このことを実現するには基礎研究の充実と新技術の創出が2つの柱となりますが、高専に求められるものは、後者の役割を担える優れたエンジニアの育成であると考えています。日本の技術者教育は、大学の工学部教育が一般的ですが、高専教育を中心とする5年一貫の教育制度もあるんだということをもっと世間に知ってもらう必要があると考えています。この教育課程はより実践的で創造的な技術者養成課程です。

また専攻科(2年課程)に進めば、学生はJABEE認定教育プログラムに基づく更に高度な専門教育を受けることができます。ここでは、国際的に活躍できる自立した技術者の育成を目指しています。高専は大学教育と並ぶ別系統の工学教育機関であるとの自覚をもち、その一層の発展に努めます。

新たな価値の創造に挑む

鈴鹿高専の教育目標を教えて下さい

自分の専門分野の知識と技術を知っていることはもちろんですが、それを実践的に使いこなす力、それを基にして新しいものを創造する力、そして創造したものの価値判断ができる力を備えた技術者を育成することを教育目標としています。21世紀においては、とくに人間の価値観・感性と科学技術を統合して新しい何か(価値)を生み出す力が必要になります。そのためには、技術者一人ひとりが広い視野と豊かな人間性を備えていなければなりませ ん。

また、グローバルな企業活動が当たり前の時代に入っていますので、実用的な観点からはしっかりしたコミュニケーション能力と国際感覚を身につける必要もあります。鈴鹿高専は、そのような力を育てることを狙いとした教育プログラムをもち、それを一層発展させたいと考えています。

豊かな人間性と技術者精神を培う

学生には何を期待し、何を求めますか

高専で学ぶ学生には明確な目標が見えています。創造性豊かな技術者の育成を目的とする5年一貫の教育がそれですが、さらに2年間の専攻科へ進むと、より幅の広い専門知識と研究開発能力を身につけた、きらっと輝くエンジニアとなることが期待できます。とはいえ、高専は単なる技術者養成機関ではありません。人文科学や社会科学などの一般教養も習得でき、また自由な学生生活を謳歌することができます。科学技術の進展と価値の多様化が進む技術社会に立ち向かうためには、自ら未来を切り拓く力、精神の力が必要となります。

また広い視野からの判断力と技術者としての倫理観が重要になります。クラブ活動やロボコン(アイデア対決・全国高専ロボットコンテスト)に代表される課外活動は人間の幅を広げてくれます。

鈴鹿高専は、学習を怠らず、自己研鑽に努める学生を支援します。知を重視する日本の教育界にあって、人格形成を正面に据えた教育を行っている高等教育機関は他にはありません。それが鈴鹿高専の特質です。

国際水準を保証する技術者教育

専攻科教育と「複合型生産システム工学」プログラム

専攻科は、学科5学年卒業後さらに2年間をかけて幅広い専門知識と研究開発能力などを身につけるための専門教育課程です。「複合型生産システム工学」は、学科4,5年と専攻科1,2年の計4年間で学習する技術者教育プログラムです。プログラム修了資格を得るためには、専攻科の修了と大学評価・学位授与機構から学士(工学)の称号を授与されることなどが必須要件となっています。

このプログラムは、自然科学と情報技術の知識及び主となる専門分野(機械、電気・電子・情報、化学、生物、材料)に加えて、ものづくりに必要となる生産システムに関する工学基礎知識と豊富な実験技術を身につけた国際的に活躍できる実践的技術者の育成を目指すものです。 この認定教育プログラムを履修する学生には、技術者としての広い視野と倫理観、継続的・自立的に学習する意欲と姿勢、自己表現力並びに英語によるコミュニケーション能力などの習得が求められています。

上記の教育プログラムがJABEEから認定される

本校の技術者教育プログラム「複合型生産システム工学」が平成16年5月に日本技術者教育認定機構(JABEE)から認定を受けました。JABEEによる認定は、プログラムそれ自体及びプログラム修了生のレベルと質を保証するシステムが実際に機能していること、つまり、鈴鹿高専の教育プログラムを修了した学生が社会の求める水準の知識と能力を必ず身に付けていることの証明になります。ある大企業の会長は、将来的にJABEE認定プログラムの修了生しか採用しないこともあり得るとコメントしています。それほどJABEEは社会的にも高い評価を得ており、期待されていると言えます。

JABEE(日本技術者教育認定機構)について 

JABEE(Japan Accreditation Board for Engineering Education)は、日本政府と産業界の要請・支援を得て,技術系の学協会と連携 しながら活動している非政府団体(1999年設立)です。JABEEの設立目的は、国際的な統一基準に基づいて理工農学系大学における 教育プログラムの認定を行い、我が国の技術者教育の国際的な同等性を確保することにあります。この認定制度はいわば工学教育のISOであり、大学・高専等の高等教育機関が実施している技術者教育プログラムが社会の要求する内容と水準を満たしているかどうかを厳正かつ公平に評価し認定する制度です。

2005年には米国、英国、カナダ等13ヶ国が加盟しているWashington Accordへの正式加盟が認められ、加盟国の技術者教育の実質的同等性が相互承認されました。

技術士第一次試験の免除

JABEEが認定した技術者教育プログラムの修了者は基礎教育を完了したものと見なされ、技術士第一次試験を免除されて「修習技術者」として直接実務修習に入ることができます。我が国の技術士制度は、医師や弁護士とは異なり、厳格な資格制度とはなっていませんが、将来的にはこの資格が正式な技術者資格になるであろうと言われています。

学校発展の原動力に

しかし、認定は最終目的ではなくむしろ始めの一歩です。自らのシステムを常に改善していくこともJABEEの求める重要なポイントになっています。今後の最大の課題は、学生をいかに自立した技術者に育てるかという点にあります。日本の学生は試験のための勉強しかしない傾向があります。しかし、技術者として自分が何を身に付けなければならないかを知れば、自発的な学習習慣が生まれてくることが期待できます。

JABEEによる本校の教育プログラムの認定は、教職員、在校生、卒業生すべての自信につながり、学校が発展するための原動力となることは間違いありません。今後は特に学生の自己表現力や英語コミュニケーション能力の向上に力を入れ、国際的に活躍できる技術者の養成を目指します。

地域社会との連携

地域に根ざした特色ある産学官連携活動を進めます

鈴鹿市は、全国的にもユニークな産学官連携組織(SUZUKA産学官交流会)をもっていますが、鈴鹿高専はその発足当初から会の発展のために尽力してきました。この会は、単なる産学交流組織ではなく、地域における新事業の創出と産業振興を明確な目的とする連携組織です。これまでの精力的な活動の中から、シャクヤクの葉と花の抗菌活性の発見、健康街づくりビジョンの提案など地域結集型の新事業創出活動を生み出しています。

鈴鹿高専は、今後ともその中核として、新しい共同研究テーマの発掘、地域産業を担う人材の育成、構造改革特区事業における鈴鹿市との連携協力などを通して地域社会の発展に貢献します。

技術者支援や理科教育支援を推し進めます

鈴鹿市だけでなく三重県下でも数少ない理工系の高等教育機関である鈴鹿高専は、技術 者支援講座や工学専門講座の開講など可能なかぎり地域社会の要望に応えていける体制を整えています。とくに、最近の小中学生の理科離れへの対応策として、科学技術の楽しさや不思議さを知ってもらうことを目的として、小中学校へ出向いての出前授業や夏休みを利用したものづくり体験教室、オープンカレッジなどを開催しています。

※写真は「ドリームワールド・サイエンス授業(津市小学校の出前授業)風景」

SUZUKA産学官交流会

平成11年に発足した三重県鈴鹿市を中心とする産学官連携組織。市内の3つの高等教育機関と約50の企業が参画し、鈴鹿商工会議 所が事務局を担っている。三重県、鈴鹿市からも支援を受けて、各種交流事業、研究会活動、産学技術サロン等を運営し、「人づくり、 物づくり、街づくり」をスローガンとして新事業の創出や産業振興活動を行っている。商工会議所が中心となって産学官連携活動を進めている地域は全国的にも珍しく、中部経済産業局から産学官連携のモデル地区に指定されてもいます。

燃料電池技術を核とした産学官連携ものづくり特区

電気事業法の規制を緩和して燃料電池の実証試験等を行うとともに、関連企業の集積と育成を図ることを目的とした鈴鹿市の構造改革 特区事業であり、平成16年6月に国の認定を受けました。そこでは、鈴鹿高専が中核となって実証試験を行い、また市や企業と連携して 関連技術等に関する人材育成事業を推進します。