学科・専攻科
鈴鹿工業高等専門学校 - 創造力豊かな国際社会に通用するエンジニアを育成 > 材料工学科

材料工学科

材料工学科のウェブサイトはこちら

学科概要

グリーンイノベーションによる低炭素社会・循環型社会の構築に向けて
材料工学科は世界をリードします。

あいさつ

学科長: 南部 智憲

卒業後の進路先の多くは、ソフトとハードの知識や技術が要求されることが多くあります。材料工学科では、教員が一丸となって学生の皆さんが技術者や研究者になるためのお手伝いをしています。私たち自身も国内外の企業との共同研究や学会発表を行いながら、日々新しい材料創りに挑戦しています。是非、私たちと一緒に「材料」のスペシャリストを目指してみませんか?

就職者から見た材料工学科

材料工学科には企業から来られた先生や、企業と共同研究を行われている先生方がおみえになりますので、就職の際には先生方のアドバイスが大きな力になります。全国や世界に展開する大手企業、小さいながらも独自の技術を活かして各分野で活躍されている企業など、様々な分野で活躍されている先輩方からもアドバイスをいただけます。就職業種も多いので、自分が求める仕事や、就職したい企業がきっと見つかると思います。

進学者から見た材料工学科

役に立つ材料について学ぶことができます。同じ世代の大学生よりも早い段階で専門的な知識や技術を学ぶことができますので、他大学への編入後でも学力面での心配はありません。

また専攻科に進学した際には、より高度な知識や技術、設備を用いた研究を行うことができます。専攻科卒業後に就職する場合、あるいは大学院に進学する場合のいずれも即戦力として活躍することができます。

カリキュラムの紹介

金属、セラミックス、プラスチックなど、創造の原点となる材料について専門的な学習をします。

また、エンジニアとして必要な一般教養や情報技術に関する学習もします。さらに実験実習や卒業研究を通して、研究者としての実践的な知識と技術を身に付けることができます。