学科・専攻科
鈴鹿工業高等専門学校 - 創造力豊かな国際社会に通用するエンジニアを育成 > 電子情報工学科

電子情報工学科

電子情報工学科のウェブサイトはこちら

学科概要

電子情報工学科では、電子系分野(ハードウェア)と情報系分野(ソフトウェア)の両方を学びます。二つの分野が融合したこの電子情報では、コンピュータ・電気回路・電子回路・通信・制御・ネットワークなどの知識と、それらを実現するためのプログラミングや回路の製作・測定、データ処理などの実用的な技術を身につけることができます。

また、学科カリキュラムを修得することで、工事担任試験の科目免除認定を受けることができます。

あいさつ

学科長:飯塚 昇


電子情報工学科では、次の技術者を育成することを目指しています。

  • ソフトがわかる電子技術者
  • ハードがわかる情報技術者

卒業後の進路先の多くは、ソフトとハードの知識や技術が要求されることが多くあります。多くの求人企業の方からも、このような人材を要望されています。

卒業後の進路は、様々な幅広い業種(電気・通信、ソフト開発、自動車、機械など)へ就職しています。進学では、大学・専攻科の関連学部・専攻(電気工学・電子工学・情報工学など)へ進んでいます。

カリキュラムの紹介

充実した専門科目をバランスよく開講

ハードウエア関連科目(電気回路、電磁気学、電子工学、電子回路、電子制御工学、電子材料工学など)とソフトウェア関連科目(プログラム設計、ソフトウェア工学、情報通信ネットワーク、人工知能、情報理論など)をバランスよく開講し、ハードウェア・ソフトウェアともに強い学生を育てます。

創造性を育む取組み

創造工学

第4学年前期の「創造工学」では、5人程のグループ毎に、自分たちで決めたテーマに基づき共同で設計・製作をします。ゼロからものを作り上げる喜びと苦労を味わい、秋の高専祭で来場者の皆さまに披露しています。

プログラミングコンテスト

全国の高専生が、自分たちの作ったコンピュータプログラムのよさを競うイベントで、鈴鹿高専電子情報工学科の学生は毎年熱心に取り組んでします。そして、高専プロコン優勝(平成23年度,平成18年度)・高専プロコン準優勝(平成24年度,平成21年度・平成15年度)・パソコン甲子園グランプリ(平成26年度)をはじめとして、毎年好成績を収めています。